「ネガティブ・ケイパビリティ」という考え方

更新日:2021年12月26日





「ネガティブ・ケイパビリティ」とは



どうにも答えの出ない、対処できない事態に耐える力。


解決できない事柄の理由を性急に求めず、



「中ぶらりんの状態を持ちこたえる」


「考えないで置いておく」



という考え方。




コロナ禍の混乱だけではなく、身の回で起こる問題に直面したとき、


焦るのがいちばんよくないので、大きな流れに身を任せる、


「考えないで置いておくというアプローチも必要です」


と精神科医の帚木蓬生さんの記事を読んで感銘を受けました✨





悩みや不安があっても焦らず、悩めばいい。


ハラハラドキドキも楽しんで、大局に任せれば、


自然と出口が見えてくるそうです。




ちょっと難しそうですが・・・




ついつい、物事を白黒はっきりしたくなったりしてしまいますが、


この考え方は不安や困難におしつぶされないための


「生きる力」になるそうです。




環境は変えられませんが、気持ちの持ち方で


毎日の楽しい時間を作れたらいいですね。




「中ぶらりん」にレッツトライ♪





私はムリでした!




閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示